糖尿病とギムネマの関係

糖尿病はリスクの高い合併症を招く危険な病気ですので、ギムネマの効果を上手に活かしてしっかり予防しましょう。

糖尿病とは?

糖尿病とは、文字通り尿の中に糖が出過ぎる病気で、糖(ブドウ糖)が小腸などから正常に吸収されずに、血液中の糖度が異常に高い状態です。

細胞が活発に働くにはブドウ糖(グルコース)が必要なのですが、肝心のブドウ糖が筋肉や肝臓で利用されないまま”垂れ流し”状態となってしまっています。

よく、糖尿病の後期の患者が「げっそり痩せて」いるのはこの為であり、「糖の利用が悪い(低い)」為に起こります。

糖尿病はホルモンの代謝異常に起因しています。
膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるインスリンホルモンが不足する為に、ブドウ糖が上手く活用できなくなるのです。

●尿量の増加、トイレの頻繁が高くなる!
糖尿病になると血糖が高くなり、その為に血液が濃くなり、血液の浸透圧が高くなって尿が増えます。量・回数ともに増えて、総量は健康人の倍以上になってしまいます。
●喉が渇く!
頻繁な排尿で水分が失われ、また血液の浸透圧が高い為に、血液を薄めようとして細胞の水分が血液に流れ込んで、細胞の水分が不足する為に、やたらに喉が渇いてしまいます。
●全身がだるい、疲れやすい!
体が必要としているエネルギーを上手く作れない為に、だるくて眠いや、疲労が回復しない・疲れやすいなどの症状が起こります。
●満腹感を覚えない!
食べたばかりなのに、またすぐに食べたくなってリ、いくら食べても満腹感を覚えないという症状は、細胞の代謝異常から起こるとされています。
●体重の減少!
糖尿病になると異常にお腹が空くので、どうしても食べ過ぎになり太ってしまいますが、これは糖尿病の初期の症状です。量・回数ともに増えて、総量は健康人の倍以上になってしまいます。
糖尿病が進行してくると、インスリン不足の為に体の中の脂肪やタンパク質が壊れて痩せてしまい、逆に体重がどんどん減少してしまいます。

オルニチンサイクルの役割は、アンモニアの解毒だけではありません。

細胞のミトコンドリア内にあるTCAサイクルは、私たちの生活に必要なエネルギーの産生に関わる回路です。

しかし、アンモニアが発生すると、このTCAサイクルが阻害されてしまいます。
また、アンモニアがミトコンドリア内の酸化還元バランスを崩すことで、エネルギー産生の為の環境を悪化させる事が明らかになっています。

オルニチンにはアンモニアの分解を促進する働きがありますので、エネルギー産生の障害を解消して、エネルギーの産生にも大きく貢献しています。

沈黙の臓器を守る存在!

糖尿病はそれ自体がやっかいな生活習慣病ですが、それにも増して恐ろしいのが「合併症」です。

糖尿病患者が合併しやすい病気に目の障害があります。
よく知られているものとしては「糖尿病性網膜症」があり、網膜の血管に血瘤が生じて、進行すると出血だけでなく、失明にいたることあります。

他にも「糖尿病性腎症」や「糖尿病性神経障害」があり、これらは糖尿病性三大合併症と呼ばれています。

また、さらに恐い合併症として「糖尿病性昏睡」というのがあります。
これは糖が使われないことで、血液の浸透圧の急上昇や水分の極端な不足などによって、「意識の喪失」つまり『ショック』を起こしてしまうものです。

糖尿病とギムネマの関係

ギムネマの優れた効果を知る上で欠かせない、関連する言葉が「糖尿病」です。
こちらでは、ギムネマが有効とされる糖尿病について解説しています。

スポンサーリンク
ページのトップへ戻る